塗装業界に革命を起こした
日本初のコンサルティング型工業塗装

遠隔地塗装工場支援システム

遠隔地塗装工場支援システム【HIPAX】

塗装部門がボトルネックになっていませんか?

多くの製造メーカー様が自前の塗装部門を持つ一方で、その多くは部門人員が10名前後であり、人材不足や設備投資の遅れが原因となって、品質の不安定化やコスト増を招いていることが大きな問題となっているようです。

よくある工業塗装部門の抱える課題

  • 技能者の不足
  • 若手育成の難航
  • 品質の不安定化
  • 設備投資の遅れ
  • 塗装ノウハウの不足
  • 深刻なコスト増

そして、上記の課題に対する「解決策」をもたないこと

そこでヒバラコーポレーションは、「①ロボット塗装支援」「②遠隔オペレーション支援」「③ 塗装プロセス管理支援」「④資材支援」の4つの支援を組み合わせたコンサルティングサービス「遠隔地塗装工場支援システム【HIPAX】」を始動させました。HIPAX(ハイパックス)を塗装部門内に取り入れることにより、工業塗装業界最大の課題ともいえる技術・人材問題を解決し、高品質の塗装部門を再生させることを可能とします。

HIPAX(ハイパックス)の概要

1熟練工の技術を再現する
「ロボット塗装支援」

解決される課題

  • 技能者の不足
  • 品質の不安定化
  • 塗装ノウハウの不足
  • 若手育成の難航
  • 設備投資の遅れ
  • 深刻なコスト増

塗装業界では人材不足が深刻化し、熟練工の技術を継承することが困難な状況にあります。熟練工の数は減り、若い人材の確保は難航。もはや技術や生産力の低迷を「人材」に頼るのは現実的ではありません。 そこでヒバラコーポレーションは、塗装ノウハウを人材によって継承するのではなく、塗装ロボットの導入により課題解消を目指す「塗装ロボット支援」を考案しました。

同社は長年の研究により、熟練工の塗装技術をデータとして蓄積し、自社開発した塗装ロボットを用いてその技術を正確に「再現」することに成功しています。これにより、クライアント様は人材を確保しなくとも、マザー工場に熟練工のノウハウを「保存」しつつ、ロボットを導入することで「品質の安定化」を実現することが可能となりました。

「塗装ロボット支援」では現在、スプレー塗装分野、スプレー塗装自動化分野、レシプロ塗装、ロボット塗装において利用することができ、「遠隔オペレーション支援」とともに塗装業界の人材問題、技術継承問題等を解決するうえで大きな役割を果たしています。

「ロボット塗装支援」の導入例

1. 技術のデータ化

マスターアームを用いて熟練工に作業をしてもらうことにより、熟練工の技術をデータとして保存します。

2. 塗装ロボットへのインプット

自社開発した独自の専用ロボットに、先ほどデータ化した熟練工の塗装ノウハウをインプットします。

3. ロボットの導入

クライアント様の工場にロボットを搬入。ヒバラコーポレーションスタッフのもと、塗装ロボットをラインに組み込みます。

4. 技術の完全再現

マスターアームを通じて保存した熟練工の技術を自動で再現します。

2工程監視と遠隔オペレーションを行う
「遠隔オペレーション支援」

解決される課題

  • 技能者の不足
  • 品質の不安定化
  • 塗装ノウハウの不足
  • 若手育成の難航
  • 設備投資の遅れ
  • 深刻なコスト増

「遠隔オペレーション支援」の導入例

1. 監視カメラ・生産管理システムの設定

前処理における作業環境を監視できるよう、現地にカメラを設置します。また必要に応じて生産管理システムで作業工程をデータ化します。

2. 作業の監視

カメラおよび生産管理システムにより、作業環境、工程、実際の動きを監視します。

3. 遠隔オペレーション

指示が必要になる事態が発生した場合には、マザー工場の遠隔オペレーションを受けることができます。

340年の塗装プロセスデータにもとづく
「塗装プロセス管理支援」

解決される課題

  • 技能者の不足
  • 品質の不安定化
  • 塗装ノウハウの不足
  • 若手育成の難航
  • 深刻なコスト増

ヒバラコーポレーションが独自開発した生産管理システムは、データによりすべての業務を”見える化”することで、100%の業務把握を可能とします。生産管理システムのデータはマザー工場にも共有されるため、当社社員がデータ管理をしながら現地スタッフに必要な指示を出すことができます。なお、業務の把握により徹底的な無駄を排除することができ、ヒバラコーポレーションが自社に導入した際は、プロセスデータとの組み合わせにより、仕掛け時間40%、産業廃棄物40%の削減に成功しました。
また、同生産管理システムの導入により作業の効率化が進み、人材不足の補填につながると同時に、技能者の技術向上に多くの時間をさけるようになります。

4マザー工場での資材の集中購入
=安価な資材提供

解決される課題

  • 塗装ノウハウの不足
  • 深刻なコスト増

品質を安定化させるために必要な資材はヒバラコーポレーションがデータで算出し、本社工場(マザー工場)にて資材を集中購入しているため、より安価に資材をご提供することが可能となります。

日本初のコンサルティング型工業塗装

遠隔地塗装工場支援システム【HIPAX】のシステムを見るだけでは、あらゆる塗装会社が模倣できるように思われがちですが、このシステムを完成させるためには「膨大な塗装プロセスデータ」が必要不可欠です。ヒバラコーポレーションは他社がまだ注目していない段階からすでにITの導入に取り組み、40年に及ぶ自社の「経験」をすべてデータ化することで、成長につなげることができました。これだけ膨大なデータを持つ塗装会社はほかにないと断言できます。同時に、繰り返しになりますが、工業塗装を「再現」するためには、信頼できるデータが不可欠です。そういった意味では、ヒバラコーポレーションは日本初のコンサルティング型工業塗装業者であり、同時に日本で唯一のコンサルティング型工業塗装業者であると自負しています。

ITに距離の壁はありません。日本全国、すべてのメーカー様が私たちのお客様です。塗装部門がボトルネックになっている方、より安価で高品質な塗装をご希望の方は、ぜひヒバラコーポレーションにご相談ください。

遠隔地塗装工場支援システム【HIPAX(ハイパックス)】の
ご相談はお気軽にお問い合わせください

お電話の受付時間:月曜~金曜9時~17時
茨城本社  029-282-7133
東京オフィス03-6272-9551